Gitを始めよう!(入門)
11min
GitHubのリポジトリを作成する(git init)

git init

それでは実際にGitのリポジトリを作成していきましょう。リポジトリの作成といっても2つのケースがあります。

 (1) 既存のプロジェクトファイルをGitで管理したい
 (2) これから作成するプロジェクトファイルをGitで管理したい

(1) 既存のプロジェクトをGit管理する

既存のプロジェクトをGitで管理するのは簡単です。そのプロジェクトのディレクトリに移動して、"git init"するだけです。(※ already というディレクトリにソースコードが格納されている前提で説明します)
cd /path/to/already git init Initialized empty Git repository in /path/to/already/.git/
これで既存のプロジェクトに対してのGitリポジトリの作成が完了しました。それでは、最初の履歴を作成しましょう。履歴を作成するには "git commit" コマンドを使用します。
git commit On branch master Initial commit Untracked files: aaa.txt nothing added to commit but untracked files present
"nothing added to commit but untracked files present" というメッセージが表示されました。これは、 "何もcommitされませんでしたが、追跡されてないファイル(untracked files)が存在します" というメッセージです。commitに失敗しました。
エラーメッセージをよく読む習慣をつけましょう。
素晴らしいエンジニアの共通点の一つは、自分で学び吸収する力が強い点です。
英語だから、怖いからといった理由で臆することなく、エラーメッセージ(を実装してくれた開発者)に感謝して読みましょう。
それでは、現在の状態を知るために、 "git status" と入力しましょう。
git status On branch master No commits yet Untracked files: (use "git add <file>..." to include in what will be committed) aaa.txt nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
(use "git add" to track) というメッセージが表示されています。追跡されていないファイル(untracked files)をcommitするには、 "git add" する必要があります。
 git addすることで、commit対象となる変更をリポジトリに伝えることができます。
git add aaa.txt git status On branch master No commits yet Changes to be committed: (use "git rm --cached <file>..." to unstage) new file: aaa.txt
このように、リポジトリに対してcommitするファイルを伝えることをステージするといいます。

 変更をステージすると、Gitのインデックス(index)が更新されます。Gitのインデックスはステージングエリアと呼ばれており、commitしたいファイルを調整することができます。
 つまり、変更したファイルは複数個あるけど、commitしたいのは、1つだけといった場合に、そのファイルのみをステージングエリアにあげることで実現することができます。
Dummy
git addには便利なオプションが用意されており、-pや-iを付けることで、インタラクティブ(対話的)にステージングエリアに変更を追加することができます。
git add -p git add -i
それでは、最初のコミットをしましょう。
git commit [master (root-commit) ad2f44c] initial commit 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-) create mode 100644 aaa.txt
git commitと入力すると、デフォルトでVim(vi から派生し、発展した高機能なテキストエディタ)が開きます。(※ デフォルトのエディタは設定により変更することが可能です。)
 Initial commit などと入力しましょう。(ここでは、エディタの使用方法は割愛します。分からないことをググるのも極めて重要なエンジニア力です。)
デフォルトのエディタを設定する
下記のようにいちいちエディタを開かずに、commitとメッセージの入力を同時に行うことも可能です。
git commit -m "Initial commit."
commitメッセージは、その時の変更を分かりやすく伝えるものにしよう!
Octocat

(2) 新規プロジェクトをGit管理する

新規プロジェクトをGit管理するのも上記手順とほぼ同様です。プロジェクトディレクトリを作成し、git init 〜 git commitまで行います。
mkdir new-project cd new-directory echo "# xxx" >> README.md git init Initialized empty Git repository in /path.to/new/.git/ git add -A git commit -m "Initial commit." [master (root-commit) ad2f44c] initial commit 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-) create mode 100644 README.md
echo "# xxx" >> README.md では、README.mdを作成して中身に# xxxを書き込んでいます。unixコマンドも少しずつ覚えていきましょう。なお、README.mdを作成しておくことで、のちに説明するGitHubにプロジェクトファイルをアップした時に、プロジェクトトップにプロジェクト概要を表示することができます。
 インストール手順や、動作、使用方法等を書いておくのが一般的です。
gitを操作する時は、カレントディレクトリ(今いるディレクトリ)がどこかに注意しよう。
"pwd" コマンドでカレントディレクトリを確認することができるよ!
Octocat

GitHubでソースコードを管理する

GitHubは世界で最も有名なソースコードのホスティングサービスです。他にも、BitbucketやGitLabといったサービスもあります。筆者のおすすめはGitHubです。GitHubは基本的に、OSS(オープンソースソフトウェア)でソースコードを管理します。月額$7支払うことで、非公開のリポジトリを作成することも可能です(2018/01/08現在)。
GitHub Bitbucket GitLab
GitHub公式ページから、アカウントを登録しましょう。
ユーザー名は、URLにもなり途中で変更できないよ!
よく考えてつけようね!適当な名前をつけて後から後悔している人が多発しているよ...
Octocat

リポジトリを作成する

リポジトリを作成します。そんなに難しくないので、気構えずに。まずは、 「Repositories」→「Newボタン」の順にクリックします。
Dummy
必要事項を入力して、 「Create repository」を押します。
Dummy
すると、下記画像のような画面が表示されます。
Dummy
新規リポジトリ or 既存のリポジトリで、ホスティングする方法が微妙に異なります。表示されている通りの手順で実行しましょう。
git remote add origin https://github.com/DaiAoki/sample-project.git git push -u origin master
いよいよGitのスタート地点に立ったね!
次は、ファイルの変更をcommitしてみよう!
Octocat
変更をcommit(git add, git commit)
  • Stevshiedo
    ※承認待ち
  • KelMymn
    ※承認待ち